INDIBA SURPRISE

先日INDIBA JAPANの特別セミナーに参加してきました。

今回のテーマはディスカッションが主でしたが
こんな時だからの改めて免疫性の重要性について学んできました。

INDIBAは0.448MHZ 
1秒間に44万8HZで波長は12mほど

基本作用として
温熱作用 非熱作用 電流作用がありますが

温熱作用としては血管拡張(血流の改善)・神経伝達の改善 ・疼痛閾値(トウツウシキイチ)上昇(上昇することで痛みが感じにくくなることを云います)・酸素の供給促進・
筋肉の柔軟性改善・内臓脂肪の増殖蓄積の抑制・リフトアップ・引き締め効果・代謝促進・冷えの改善・HSPの分泌改善・免疫力改善・自律神経のバランス改善

非熱作用としては幹細胞の増殖による損傷組織の早期修復促進・疼痛緩和・膨張むくみの改善・ドレナージュ

電流作用としてイオンの細胞膜の移動を適正化・幹細胞の増殖促進・脂肪細胞増殖蓄積抑制・ヒト間葉系幹細胞の増殖
人体の7割を司るホルモン ATP(アデノシン三リン酸)を作る

などINDIBAはすごい!!

今回休業中にまた新たな技術を習得しました!

INDIBA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください